ノンフィクション」カテゴリーアーカイブ

全盲のクライマー、エヴェレストに立つ

  「全盲のクライマー、エヴェレストに立つ」エリック・ヴァイエンマイヤー著海津正彦訳 最近、社会で虐げられた人々や障害を持つ人々にたいする偏見、思い込み、差別などを見直さなくてはいけないという趣向のテレビ番組、 … 続きを読む

カテゴリー: ノンフィクション | コメントする

日本一小さな航空会社の大きな奇跡の物語

【日本一小さな航空会社の大きな奇跡の物語 】 奥島透著 ダイヤモンド社 この本は、日本一小さいと言われている航空会社「天草エアライン」を、どん底から救い上げた前社長奥島透さんが書かれた復興ドキュメントです。 3年前の秋の … 続きを読む

カテゴリー: ノンフィクション | コメントする

蟻の街の微笑み

【蟻の街の微笑み】パウロ・グリン著 大和幸子編 聖母の騎士出版 (蟻の街で生きたマリア北原怜子) 著者のパウロ・グリンは1928年オーストラリア生まれのカトリック司祭です。1955年から21年間日本で司祭職を続け現在はシ … 続きを読む

カテゴリー: ノンフィクション | コメントする

ゲルダ

ゲルダ【キャパが愛した女性写真家の生涯】  イルメ・シャーバー著 高田ゆみ子翻訳 この前、沢木耕太郎のノンフィクション「キャパの十字架」を紹介しました。 戦争写真ジャーナリストのキャパを一躍有名にさせた「崩れ落ちる兵士」 … 続きを読む

カテゴリー: ノンフィクション | コメントする

キャパの十字架

【キャパの十字架】 沢木耕太郎著 文春文庫 戦争のフォトジャーナリストのロバートキャパを、一躍有名にさせたスペイン動乱における「崩れ落ちる兵士」の写真が、本当に彼が撮った写真なのかを探求するドキュメントストーリーである。 … 続きを読む

カテゴリー: ノンフィクション | コメントする

南国港町おばちゃん信金

「南国港町おばちゃん信金」原康子著 新評論社 「支援」って何?”おまけ組”共生コミュニティの造り方 本書は国際協力NGO:認定NPO法人ムラのミライ(旧称ソムニードから改称)の一つのプロジェクトであるところの … 続きを読む

カテゴリー: ノンフィクション | コメントする

散るぞ悲しき

「散るぞ悲しき」硫黄島総指揮官・栗林忠道  梯久美子著 新潮文庫 第二次世界大戦の最も悲劇的な戦いだったと言われる”硫黄島の戦い”で総指揮官だった栗林忠道の生涯を辿ったノンフィクションである。大宅壮一ノンフィクション賞受 … 続きを読む

カテゴリー: ノンフィクション | コメントする

奇跡のリンゴ

奇跡のリンゴ 石川拓司著 幻冬舎 「絶対不可能」と言われてきた農薬ゼロ有機肥料さえ一切使わずのリンゴ栽培を、9年に及ぶ苦労の末に成功させた木村秋則さんの実話である。 収入はなくなっても、家族もお父さんを支えてくれ、極貧生 … 続きを読む

カテゴリー: ノンフィクション | コメントする

俳句という愉しみ

「俳句という愉しみ」 小林恭二 著 岩波新書 少しブランクがあったのだけれど、又俳句に懲りだした。 俳句は奥が深い。俳句というのは5・7・5という短い言葉で「書いていないことをどこまで含ませるか」というのが重要なのです。 … 続きを読む

カテゴリー: ノンフィクション | 4件のコメント

空へ

「空へ」ジョン・クラカワー著 海津正彦訳 文芸春秋刊 著者は、1996年5月に、多くの死者を出したエヴェレスト登山に参加した作家で、九死に一生をえて生還した。その時散った12人の仲間に捧げる鎮魂の書である。 著者は優れた … 続きを読む

カテゴリー: ノンフィクション | コメントする