投稿者「Breeze」のアーカイブ

深夜特急3

深夜特急3 インド・ネパール編 沢木耕太郎著 新潮文庫 40年も前、沢木(現在71歳)が大学卒業し銀行に入社するもその日のうちに退社し放浪の旅に出たときの紀行文です。 旅の始まりの香港・マカオ(深夜特急1)から最終目的地 … 続きを読む

カテゴリー: ノンフィクション, 未分類 | コメントする

殉教者

「殉教者」  加賀乙彦 著 講談社文庫 主人公ペトロ岐部カスイは1587年に熱心なキリシタン両親のもとに生まれ、13歳で有馬のセミナリオ、コレジオ(高等神学校)に入学し、ラテン語、倫理学、文学、西洋音楽という恵まれた高度 … 続きを読む

カテゴリー: ノンフィクション, 小説 | コメントする

旅のつばくろ

「旅のつばくろ」電子オリジナル版  沢木耕太郎著 沢木耕太郎は、著名なノンフィクション作家であり、エッセイストであり、バックパッカー旅の深夜特急シリーズ紀行文には魅了されていた。 でも、中でも一番印象に残っているのは「凍 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

かこさとし

「かこさとし」別冊太陽 日本のこころ248 子どもと遊び、子どもに学ぶ 加古里子(1926~2018)絵本作家 工学博士 その他 の 生涯の記録です。  かこさとしは陸軍士官学校を目指す、疑いもなくはっきりした軍国少年で … 続きを読む

カテゴリー: 伝記, 未分類 | コメントする

猫だましい

「猫だましい」ハルノ宵子 著 著者ハルノ宵子さん(漫画家、作家、エッセイスト)のことは、この本を知るまで、作家吉本隆明さんの長女で妹が吉本ばななさんであることは知らなかったです。  推薦文によると「自身の一筋縄ではいかな … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

ベツレヘムの星

「ベツレヘムの星」 アガサ・クリスティー著 中村能三 訳 アガサ・クリスティー(1890 ~ 1976)は少なくとも中年以降の人は一度は読んだであろうイギリスのミステリー小説家です。人間の深層にせまる優れた洗練されたスト … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

富士日記 上・中・下

「富士日記」上・中・下 武田百合子 著 2020年11月18日の朝日新聞朝刊「時代の栞」に、<富士日記>が取り上げられたので驚いた。ちょうど読み終えたばかりだったので。 昭和の著名作家、武田泰淳の妻百合子の日記である。泰 … 続きを読む

カテゴリー: ノンフィクション | コメントする

海馬

「海馬」(脳は疲れない) 池谷裕二と糸井重里 との 対話  東京大学大学院薬学系研究科教授で海馬や大脳皮質の可塑性の研究者である池谷裕二氏(1970年生)とコピーライター、エッセイストの糸井重里氏(1948年生)の対話集 … 続きを読む

カテゴリー: その他 | コメントする

(続)思い出株式会社

「(続)思い出株式会社」土屋嘉男(1927-2017) 著  著者の土屋嘉男氏は黒澤明映画監督に見いだされた著名な映画俳優で、有名な黒澤映画「七人の侍」でも重要な配役だったそうです。私は時代劇が好きではなかったのが「七人 … 続きを読む

カテゴリー: 随筆 | コメントする

くさぐさの花

くさぐさの花  高橋 治 著 リハビリのためのウオーキングを日々続けています。街中植物観察家として路傍の草花を観察しベンチでの休憩時に俳句をひねり楽しみながらのリハビリです。 今の時期、空き地や路傍にピンクの5片の大花を … 続きを読む

カテゴリー: 未分類, 随筆 | コメントする