バッタを倒しにアフリカへ

【バッタを倒しにアフリカへ】 前野ウルド浩太郎 著

アフリカの砂漠地帯では何万匹ものアフリカトビバッタの大群がある日突然現われ、大地に押し寄せ耕作物を食い尽くし深刻な飢饉を引き起こしているということを昆虫研究者の前野浩太朗が知り、人類を救うため、そして、自身の夢を叶うために、単身サハラ砂漠・モーリタニアに乗り込み、謎多きバッタ相手に繰り広げた死闘の日々を綴った1冊である。

コータロウ少年は小学生の時ファーブル昆虫記に魂を奪われるほどの感銘を受け、将来は絶対昆虫博士になるぞと決意し昆虫研究の道に進む。

ここは有名な魚博士の「さかなクン」に似ている。さかなくんは進学に苦労したようだけれど、コータロウくんは神戸大学に進学し、コツコツ昆虫の研究を続けてこられた。

しかし今国内有名大学で問題なっているポスドク人間の一人である。ポスドク人間というのは、研究の夢を持ち大学に入学し大学院に進学、ドクターコースにまでいって博士号を受理しても、就職が出来ない若きドクターのことを言う。

あのあこがれのファーブルでさえ教師をしてお金を稼いだという。

給料が約束された研究所の門戸は狭く、ポスドクさんたちは世界の大学の短期の研究員や奨学金を求め歩いて苦労なさっている。コータロウ君はそのうちの一人であった。

世界にアフリカトビバッタを研究する研究員やバッタ撲滅センターなどはあるけれど、実地に行って自分の目でデータを集めて研究する人が少ないことを彼は知り、また自分も子供の頃から直接昆虫に触り愛し知識を得てきたことを大切にしているので、無収入のまま貯金を崩して実地調査に向かう。

昔、信州地方にイナゴの大群が押し寄せ農作物を食い荒らしたという話を聞いたことがあるけれど、今長野でイナゴの珍味の佃煮として見ることが出来る。過去にどんな方法でイナゴを壊滅させたのかはしらないのだけれど、アフリカでは今アフリカトビバッタで困っているそうです。

国としては単発的に強力殺虫剤で一網打尽しているようだけれど、それでは自然破壊・地球破壊に繋がるではないか。誰もアフリカで腰を据えて研究しておらず、バッタの研究が止まったままと知ったコータロウ君は「未熟な博士でも全力かませれば新しい発見が出来るかもしれない。アフリカの食糧問題も解決できる。その上成果をひっさげて凱旋すれば、日本の研究機関に就職が決まる可能性も極めて高い!見えた!バッタに喰ってもらえて、昆虫学者としても食っていける道が開けるのではないか!」と

夢を叶えるために手っ取り早そうなので、アフリカに単身乗り込んだのが33歳独身浩太朗君2011年春のことでした。

本の帯に「前代未聞、抱腹絶倒の科学冒険ノンフィクョシン!」とあります。

コータロウ君は5年間にわたる苦渋のモーリタニアでの研究活動が認められ現在はポスドクを卒業し、昆虫研究で生活費をまかなえるようになりました。

カテゴリー: ノンフィクション, 未分類 | コメントする

君たちはどう生きるか

「君たちはどう生きるか」 吉野源三郎著

時事問題解説で有名な池上彰さんや新聞誌上で絶賛されているので読んでみました。

子供向けの哲学書です。

小学生高学年から高校1年生ぐらいのすべての子どもとその親に読んでほしいなあと思いました。

池上彰さんが「君たちはどう生きるか」を読む前に読んで欲しいと書かれた小文「私達はどう生きるか」を載せます。

・・・・・・・・・・・・・・

私がこの本に出会ったのは、小学生の時。父親が買ってきました。親から「読め」と言われれれば反発するのが子どもというもの。当初は読もうとしなかったですが、書き出しから「コペル君」が登場し、思わず引き込まれ、気がつくと夢中になって読み進んでいました。

今になってみると、父が子どもに読ませたくなった気持ちがわかります。人間としてどう生きればいいのか、楽しく読んでいるうちに自然に考える仕掛けが満載だからです。

これは子どもに向けた哲学書であり、道徳の書なのです。

・・・・・・・・・・・・・・・

4月に誕生日を迎える高校生の孫息子に誕生プレゼントとして贈りました。

読んでくれるかなあ、、。

カテゴリー: 児童書 | コメントする

何者

「何者」 浅井リョウ 著

この春から大学生になる孫娘が「読書の楽しみに目覚めた!」と嬉しいことを言ってくれました。

それで見せてくれた直木賞受賞作品の「何者」です。映画化もされたらしい。

就活に励む大学生6人の仲間の話です。

下宿は男女で又は男同士でシェアしたりして訪ねたり訪ねられたり、ビールやスナック菓子など飲み食いしタバコも普通に吸い就活状況を話しながら仲良く付き合っている。

それぞれがSNSやラインやツイッターやフェイスブックで情報を頻繁に流しそれを媒介に会話が弾む。

別に不健全な感じは漂わず最近のありふれた大学生ってこうなのかと思い起こさせられる。

私からみるとスマホ中心の付き合い方はうわべだけで軽薄でこんなので良いの?と心配になる。

最後の50ページぐらいでやっとハンドルネーム「何者」が何者であるのか分かるようになり、著者からのメッセージが少し分かりました。

でないと何故この本が直木賞?と思わされる。

メッセージはうわべだけの軽薄な付き合いと思われている若者の心の奥に潜む真相です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「何者」を紹介してくれた孫娘の感想を載せます。

今のSNSの影響が強い世の中でも、そんな世の中だからこそ、自分には何が出来るか何をしたいのかを真剣に向かうべきだってことを感じさせられた。

AO(神大国際人間科学部)の受験だったから、就活のときにはAO受験勉強は役にたつなとも感じて嬉しくなりました。

 

カテゴリー: 小説 | コメントする

ホテル・アイリス

「ホテル・アイリス」小川洋子著

ホテル・アイリスを読むのを楽しみにしていると公表してしまったから感想文を書かねばなりません。

私には受け入れられない小説でした。

エログロ暴力小説はダメで受け入れられないのですが、ホテル・アイリスもなんというかDV小説です。

と言ったら著者にちゃんと読んで下さいと怒られるかもしれないけれど気持ち悪くてちゃんと読めなかった。

これは「あなたに読ませたくない1冊」です。

ホテル・アイリスという海辺のリゾートに祖父が作ったホテルを母親が経営して、厳しくしつけられながらホテルを手伝っている17歳の少女の私が主人公です。

お客として来た初老の老人の声に惹かれて、誘われるまま彼の住む小島に連絡船にのって付いていきます。

そして破廉恥なDVを受けるのですが、怖いと思いながら恍惚感を持って彼から離れられなくなるのです。

確かに小川洋子独特のペンの運び方で最後まで読みはしました。

女流小説家の川上弘美さんが小川洋子の小説で一番好きな長編と書いてられました。川上弘美さんも小川洋子さんも芥川賞選考委員をされています。

小説家って凄いなあとつくづく思いました。自分が体験していないことでも想像の力で言葉にして描写出来るんですね。

小川洋子さんが読者に伝えたかったメッセージは何なのか?想像出来ないわけではないけれど他の形で伝えてほしかった。

この本は、友達には読ませたくない本でした。読まないでね。

しばらく小川洋子さんの本から離れます。

 

 

カテゴリー: 小説 | コメントする

薬指の標本

【薬指の標本】 小川洋子 著

やはり予想していたように、チョット気味の悪い怖い小説でした。

主人公の私はサイダー工場に勤めていたのですが、機械に手が挟まり薬指の先を失ってしまいます。それでその会社を止め、事務員を求むという張り紙に応じて就職したのが、標本博物館でした。

思い出の品とか遺しておきたい品物を標本にして保存しておく博物館の事務員です。

そこで働いているのは経営者であり標本技術士の弟子丸氏と私の二人。

建物は取り壊しを待っているアパートのような古いものでしたが、丁寧さを隠し持った外観だった。

最初に会った依頼人は家が火事で全焼し両親と弟が亡くなり一人生き残ったという少女が焼け跡にキノコを見つけたのを保存してほしいという依頼でした。

ここには昆虫や植物といったありふれた標本は少なく、髪飾りやカスタネットや毛糸のたまやカフスボタンなど、数え切れないほどの無機物を持ち込まれていました。

そして弟子丸氏と私の地下室兼仕事場での奇妙な関係。

小川洋子独特の一見つまらないガラクタ小道具が深い意味となって存在する世界。気味の悪い情景でも何か清々しいものを感じさせる文章に惹きつけられる。

ずっと前に紹介した「沈黙博物館」のほうが考えさせられよかったです。こちらはお婆さんが亡くなった人の遺品をたしか盗み出し展示する博物館でした。

「薬指の標本」は間違って注文したわりには面白く読みました。

 

カテゴリー: 小説 | コメントする

偶然の祝福

【偶然の祝福】 小川洋子著

久しぶりの小川洋子ワールドに酔った。

7つの短篇からなっているが互いにリンクしている。

主人公は女流作家の私と6ヶ月の息子と愛犬アポロ。

小説を書かなくちゃいけないのに、筆が進まず妄想と架空の世界へいってしまいます。

そのありふれた日常と妄想の世界の絶妙な絡みが小川ワールド!

中でも私が気に入ったのは第二篇の「盗作」。

 

私が初めて文芸誌に採用され、デビュー作となった小説は実は盗作だった。題名は「バックストローク」。

ある精神病棟で不思議な美しい女性に出会い話をするようになった。その彼女から精神病棟に見舞う弟の話を聞いた。

こみ上げるようにその話をスラスラと小説に出来たのである。

その小説がきっかけで小説家の道を歩むことができたので複雑な気持ちだった。

気になってそのご精神病棟に訪れても女性は見つからない。談話室のテーブルをフッと見るとそこに、薄っぺらな英語版のペーパーバックが1冊置かれていた。古い本らしく表紙は擦り切れ変色していた。

ソファーにかけ1ページ目から読み始めると、そこには、私が書いたのと、彼女が語ったのと同じ物語がそこにあった。題名は「Backstroke

 

小川洋子さんは私のすごく好きな小説家の一人です。

この本の解説を書いた川上弘美さんも小川洋子さんのファンで、彼女の本は全部読んでいるとのこと。一番のお気に入りは短編集なら本書、長編なら「ホテル・アイリス」と書いてあったのですぐにアマゾンに注文しました。

ところが私の不注意で「薬指の標本」というのが届いてしまった。小川洋子ワールドは好きと言っても気味の悪い怖いものもある。「薬指の標本」って怖そう!

「ホテル・アイリス」は慌てて再注文しました。いずれも中古でお安いです。

いずれ本棚で紹介します。

カテゴリー: 小説 | コメントする

虚栄

【虚栄】久坂部羊 著

作家・医者(阪大医学部卒・麻酔科医)の久坂部羊の著作をもっと読みたいと思い、図書館で「虚栄」を手にしました。

癌治療に取り組む医学界にまつわる内容の小説です。

・・・・・・

現代、2人に一人が癌になり3人に一人が癌で死ぬという時代となりました。

癌に対する治療法には大きく分けて4つあります。

1,外科的手術 2,抗がん剤治療  3,放射線治療  4,免疫療法(免疫を高めるための生活やサプリメントも重んじ、身体を傷つけずそっとしておく療法です。)

この4つのグループの著名な医師からなるプロジェクトが政府からの呼びかけもあり設立されました。

1の外科グループは阪都大学グループから  2の腫瘍内科グループは東帝大学グループから 3の放射線治療グループは京御大学グループからと竣世大学放射線科教授 4の免疫療法グループは慶陵大学グループから からなります。

偏った療法に陥らないように各グループで研究を共有し最善の療法を導き出すための目的だったはずなのに、ことはそんな理想的には運びません。

自分達の療法が一番正しいと主張ばかり飛び交い、虚栄のかたまり、他のグループを罵る有様。

自分たちの治療を優先させるためには、研究実績の論文やお金も重要。教授昇進ポストの問題、薬品会社などの業界や政府との癒着抜きには考えられません。

そこには、命を預ける患者への思いは消え失せて、、、。

癌患者と医者との信頼関係はいかに?

・・・・・・

著者が本末に挙げた参考文献(書籍、新聞、雑誌、ホームページなど)は膨大で(ざっと数えて250件)中には私も目にした記事・書籍もあり、共感させられることが多くて大変リアルで、本当にノンフィクションなの?と思えるほどです。

これは小説であることを認識しておかないと医療現場に偏見を持ってしまいそうです。

でも真実かも。

文末に、<本作はフィクションであり、実在の個人、団体とはいっさい関係ありません。>と明記してありますが。

 

私自身は終末どのような病気になっても延命治療はしないで、4の治療法を希望しています。

ところがこの本を読んでいる最中に、もうすぐ5歳になる親近の可愛いK君が白血病に罹ったことを知らされました。驚愕しました。

小説には小児癌についての話がなかったのですが治療は大人と子どもでは違うのでしょうか?

幼い子どもには、4の治療をと言ってはおられません。

1,2,3,4どれが一番有効なのか探し命を絶対に救いたいです。

真剣に読み続けました。重く考えさせられる内容の長編小説です。

本の結論は<癌のこと癌治療のことは医者もまだまだわからないことばかり。でも患者はどんどん増えている。>という小説です。

命を任せられない病院・医師の存在を知って不安になりますが、心から信頼できるお医者様もおられることも知っています。

K君の病院と担当医に、信頼を寄せられることを念じて祈っています。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

白秋

「白秋」 伊集院 静 著

まことに清純で美しい恋愛小説でした。

背景は鎌倉。鶴岡八幡宮、円覚寺、由比ヶ浜、江ノ電、鎌倉山に咲く野の花。屏風絵のような静かな世界。

そこの築山を構える一軒家に一人の27歳の心臓を患った美青年宋信也が療養している。

付き添いは若いときに医者に蹂躙されて以来男性を受け付けない40歳に届くという美しい看護師松居志津が彼のためには1生を捧げるつもりで行き届いた看病をし生活している。

そこにひょんなことから近くの著名な華道師匠衣久女の愛弟子のこれ又美人向川文枝22歳が彼のところに花をいけに通うようになる。

看護師志津が信也を慰めるつもりで最初は頼んだのに信也と文枝は恋に落ちる。

志津は自分でも思いがけず強い嫉妬に苦しむようになり文枝を信也から遠ざける策を練る。

信也は余命いくらもないので文枝から離れようと一度は試みるが二人の絆は強く、ある日信也は身の危険を顧みず二人は逢引をし、信也はその10日後に死ぬ。

さて文枝と志津の運命はいかに、、、。

情緒あふれる鎌倉の風景。海。里山。彼女が生ける山野草に花器。

伊集院静の花の描写は見事である。私は山野草が大好きなのでよく分かった。

鎌倉も何度か訪れているので夢のような風景のイメージも湧いた。

その上伊集院の衣服のセンスというか着物の描写も素晴らしい。

大体、恋愛小説は私の好みではないんですが、【白秋】はとても面白かった。

伊集院静の文章は短く滑らかで、なのに短い言い回しの中にとても深い情景を生み出しているところがとても好きです。

私の心に残った、野の花についてと花器についての会話、、

・・・・・

「こんな所にあなたは咲いていたのね。山野の花はたとえ人に姿を見られなくとも咲いて、花の生涯を終えます。」(文枝)

「この世で一番美しい器は人間が水を掬って飲む時に両手でこさえる器だよ。10人いれば10の器があるんだな。3歳の少女だっていとも簡単に両手を合わせて美しい器をこしらえてしまうんだ。

その器にはたくらみがないからですよ。たかだか一人の人間がたくらんでこさえたものなど、大したもんじゃあないんだよ」(信也)

・・・・・・・・

恋愛小説で感動したのは久しぶりでした。

 

カテゴリー: 小説 | コメントする

人間の死に方

「人間の死に方」  久坂部羊 著

久坂部羊氏と箒木蓬生氏はお二人とも医者であり作家である。

お二人のファンなんですが、お二人の著作がついごっちゃになってしまう。

どちらも医者として現在の医療現場のあり方に疑問を持っておられることや高齢者問題に詳しいことなどが共通点で、そこに根ざした随想、小説が書かれていることが多く、私には関心があって共感出来ることも多くあります。

箒木蓬生氏は私の本棚にも載せた「風化病棟」「安楽病棟」に感動し、最近では「ネガティビ・ケイパビリティ」を紹介しました。

久坂部羊氏では彼のデビュウ作になった「廃用身」に衝撃を受け、最近では「老乱」に感動して紹介しました。

今回は特に自分の問題として高齢者介護と終末のあり方に関心があったので久坂部羊氏の「人間の死に方」を読んでみました。

同時に「ブラックジャックは遠かった」という久坂部羊氏の青春期記録書を楽しく読み、彼が大阪の堺育ち阪大医学部の出身の明るい関西人とわかり、「人間の死に方」いう深刻な話題もすごく親近感をもって読みました。

「人間の死に方」の本は、久坂部羊氏が、<徹底した医者嫌いの元医者である実父>の終末を、病院には任せられないと、自宅介護で見送くられた記録です。

医療否定主義者の元医者である実父を納得して受け入れ愛し理解し、糞尿の世話まで自宅で丁寧にされた現医者の羊さん。妻である母、嫁である羊さんの奥様の戸惑い。

私には出来ない、病院に任せたいと願う私です。息子も父親のケアは出来ないと思う。

私自身の老人としての生き方も問われているなあと思わされました。

カテゴリー: その他 | コメントする

忘れられた巨人

【忘れられた巨人】 カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳

イギリス国籍を持つ日本人作家、カズオ・イシグロさんが今年のノーベル文学賞を受賞されました。

彼の著作とは知らないで、ドラマ化された番組「わたしを離さないで」をとても興味深く観ていましたので、他の作品を読みたくなって「忘れられた巨人」を購入しました。

これは「わたしを離さないで」とは全く違うジャンルの小説です。

6~7世紀ごろの北の国(現在のイギリスでいうグレート・ブリテン島)での国盗りファンタジー小説でした。

あらすじを本の表カバーから抜粋します。

・・・

不本意なことから息子と生き別れ、遠い地で暮している息子に会うため、長年暮らした村を後にした老夫婦。一夜の宿を求めた村で少年を託された二人は、若い戦士を加えた4人で旅路を行く。・・・・

アーサー王なきあとのブリテン島を舞台に、記憶や愛、戦いと復讐のこだまを静謐に描く。

・・・・

考えてみれば、人類の歴史は古代から今世代まで国と国の権力戦争で成り立っているのではないでしょうか?

暴力で国を征服しても、又暴力で乗っ取られるの繰り返し。

権力に翻弄され罪なき人々、権力者さえが死んでいく。

国盗り物語は自分とは無縁の世界と思って、居心地の良いソファーに身を置き、面白がって読んだり観たりしがちでしたが、今の世界状況を考えると日本も同じ過ちに巻き込まれるかもしれない、他人事ではない思いにかられてしまいました。

・・・

の小説は、今私達が立つ場所にまっすぐつながっている。・・角田光代推薦!

・・・

NHKで放映されている「精霊の守り人」を綾瀬はるかの痛快な立ち回りが見事で楽しみに観ていましたが、「忘れられた巨人」の世界と合致していることに気づきました。

そのため「忘れられた巨人」の舞台になる自然風景や住民、住居、衣装などの描写がリアルにイメージ出来てとても楽しく読めましたし、何よりも妖精や悪霊が浮遊する世界が違和感なく感じられたことなど奥が深い!

カズオ・イシグロはノーベル文学賞受賞作家なんだと納得させられました。

「わたしを離さないで」も本で読みたくなりました。

余談ですが、綾瀬はるかは「わたしを離さないで」でも主演されていましたね。

あ、ついでに、綾瀬はるかは今TVドラマ「奥様は取扱い注意」でも痛快なアクションを見せてくれて毎週楽しみに観ています。NHK大河ドラマ「八重の桜」以来のファンです。

カテゴリー: 小説 | コメントする