悲しみよ こんにちは

「悲しみよ こんにちは」フランソワーズ・サガン著 河野万里子訳

もう50年も前になると思うが、著者のサガンが19歳で処女小説「悲しみよ こんにちは」を発表、一躍フランス文壇の寵児となり、日本では朝吹登水子の翻訳でベストセラーになった。

主人公のセシルは17歳、14年前に母を亡くし、学校は女子校寄宿舎で過ごし素敵な父親とは上手く行って十分幸せな生活をしていた。

進学控えた休暇の1ヶ月、南仏海辺の素敵な別荘で父と過ごすことになりウキウキとしてその日を迎える。父親は次々愛人を作る遊び人ではあるが、セシルを一番に愛し家庭を崩壊することはしない。

驚いたことにそのバカンスに父の恋人エルザが同行することになった。

エルザはちょっと蓮っ葉で軽くいかがわしいと言える女ではあるが単純で見えを張るようでもない女。セシルはエルザのことを少し軽蔑し好きでもないが、母亡き後、面倒を見てくれる、母の友人の美人で賢明なアンヌが上流階級のしきたりや躾、教育を押し付けようとすることに反発を覚えていてエルザの方に惹かれるところもあった。

ところがそのアンヌも別荘にやってきて父と結婚を望んでいることを知ったのです。セシルの心が乱れる。そんな中ヨットを操る素敵な青年に一目惚れをする。

という進み具合のブルジョワ恋愛小説です。

若かった私もその小説を面白いと思って読んだはず。ヨーロッパの上流社会の人々の華麗で夢のような世界と思ったのかどうだか。映画化もされ観ました。セシルの可愛いこと!

セシルカットという髪型が大流行になりました。超ショートの髪型です。

 

去年私ががんを患ったことはカミングアウトしているからご存じの方もおられるでしょう。副作用で見事に脱毛していたのが7ヶ月ぶりに復活してきたのです。「あれッ!セシルカットの髪型だ」と思ったのです。

「悲しみよ こんにちは」ってどんな小説だったっけ?もう一度読んでみよう。と注文したわけです。

先日、白血病を患った水泳世界一選手だった池江璃花子さんが、自分の姿をありのままにとウイッグを外した素敵な写真を公開されました。「あ、私と同じだ!彼女は黒髪、私は白髪だけれど、、」

 

小説としてはみんなに読んでほしい本と勧めるほどの本ではありません。2,30代の若い世代の人なら私がそうであったように面白く読めるでしょう。最近の恋愛小説より深い問いかけが潜んでいます。

 

 

カテゴリー: 小説 | コメントする

うから はらから

「うから はらから」阿川佐和子著 新潮文庫

<うから>は親族・同族 <はらから>は同胞・兄弟姉妹の意で両語とも、古くは万葉集に見られる和語である。

ということで、この小説は、バツイチで実家に帰ったアラフォーの未来(ミク)を主役に置き、彼女を取り囲む<うからはらから>が波乱を巻き起こす出来事を、未来が輪舞のように愉しく広げていく手法をとった素敵な長編ホームコメディー小説です。

未来が離婚をして実家に戻ると両親は離婚をしていて、母は家を出、残された父は若い子連れの茶髪の女と結婚。登場人物は数えていないけれど10人以上あると思うが、連れ子の超生意気な口をきく10歳の男の子から、母の母である上品な御前様と呼ばれる京都の施設で過ごすお祖母様まで。みんなお互いの生き方を批判しながらも悪気はなく理解し合える会話が絶妙!

どの出来事もありえないようでいながら、周りにはいっぱいいるいると感じさせられる楽しさ。

著者阿川佐和子さんは、文学賞もとった名小説家とは聞いていたけれど、「サワコの朝」の名インタビュアー「たけしのTVタックル」のたけしの名フォロワー、週刊誌の名エッセイストとして、ファンであったけれど小説を手にしたのは初めてでした。彼女の多才文才には驚きました。

タレントより先に小説家としてレビューしてもらいたかった。「うから はらから」もどうしてもタレント阿川佐和子が話しているように感じてしまうのが残念だった。

コロナ禍で鬱々していた蟄居生活にパッと明るい日差しと笑いを与えてくれた本でした。

カテゴリー: 小説 | コメントする

コロナの時代の僕ら

「コロナの時代の僕ら」パオラ・ジョルダーノ著 飯田亮介訳

世界は新型コロナウイルスの危機に陥っている。感染拡大は落ち着いてきているとのニュースも流れているが貧困層の多い途上国では感染予防の道は閉ざされた状態で、ウイルスは世界中に拡大してゆくと思われる。

著者のイタリヤ人物理学者であり小説家のパオロ・ジュリダーノは、新型コロナウイルス拡散のイタリヤで騒ぎを体験する中、これは全世界の人々に記憶されなければならないと、2月29日に書き始めたエッセイです。

「僕らが心配しなくてはいけない共同体とは、自分の暮らしている地区でもなければ町でもない。さらに州でもなければイタリヤでもなく、ヨーロッパですらない。感染症流行時の共同体といえば、それは人類全体のことだ」

これまで地球が体験してきた数あるクライシス、戦争、ウイルス感染、自然災害、は地球の一部であって全体を包むものでなく、記憶は徐々にうすれていくものであった。しかし今回の新型コロナウイルスはいっとき収束したかのようにみえても、しぶとく地球に生き続け人類滅亡に繋がることになるのではないか。それを食い止めるためには人間一人ひとり(政治家は勿論、一般の人々)の自覚が重要なポイントになると彼は警告している。

あとがきの「コロナウイルスが過ぎたあとも、僕が忘れたくないこと」という9篇の叫びに全人類の人々が耳を傾けてほしいと願いました。

・僕は忘れたくない、今回のパンデミックのそもそもの原因が秘密の軍事実験ではなく、自然と環境に対する人間の危うい接し方、森林破壊、僕らの軽率な消費行動にあることを。

・僕は忘れたくない、ヨーロッパが出遅れたことを・・・・・

・僕は・・・・

このエッセイは2月29日から4月にかけて書かれた最新のものです。早川書房1300円。ぜひお手元に!

カテゴリー: 随筆 | コメントする

老活の愉しみ

「老活の愉しみ」帚木蓬生著( 2020/02 新書)

私の尊敬する、精神科医であり小説家、帚木蓬生さんの「100歳まで健康に生きよう!生きられる!」という説得ある教本です。

去年かかった癌を克服したばかりの私は、生かされ残された命の終活のことばかり考えていましたが、「終活より老活を楽しく過ごそう!100までも!」という勧めに心を動かされました。

現在72歳の帚木さんは60歳で白血病を患い克服しこれからは健康寿命を延ばし、誰でもが100歳まで楽しく生きられる日本にしたいと述べられている。

「紺屋の白袴」のように「医者の不養生」ということがよく言われていますが、帚木さんは徹底した自己の健康管理を楽しくされ、病を抱える多くの患者さんにやさしい診療と指導をされ人望を集めています。

<脳は鍛えないと退化する、がすべての土台、筋肉こそが日本を救う、認知症でも生きつくそう>というスローガン。

課題のほとんどは私も承知していましたが、思いがけない目からウロコとなった課題は、“精神不調解消はとにかく身を忙しくして治す”である。

まず昨日から実践。ストレスのことを考えず忙しく働いて頑張った。ストレス解消には効果あるかも。

先生はスクワットを何と1日120回されているんだって!

そんなぁ!病あがりの私には出来るわけない。でも一日に1回につき10回を3回すれば30回。これは出来るかも。

一日8000歩を目当てのウォーキング。

抗がん剤副作用で去年の秋に歩けなくなった私は、歩行器、杖から、杖なしヨロヨロ歩で、昨日やっと3500歩までこぎつけました。

私にとっては、まだ老活ではなく終活の気持ちですが、元気で日々を暮らすための指針となり元気出ました。

 

 

カテゴリー: 随筆 | コメントする

ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー

「ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー」 ブレイディみかこ著

朝日新聞土曜日に連載されている「フロントランナー」に先週、ライター・コラムニストのブレディみかこさんが紹介されていました。彼女は英国のブライトンという街でアイルランド人の配偶者と一人息子と3人で暮らしています。

生まれは福岡で小学校はカトリックのお嬢様校、中学校は校内暴力で荒れた公立校、高校は進学校で有名な修猷館高校に在学されていました。

卒業後音楽好きが高じ渡英を繰り返し、アルバイトで始めた託児所での仕事から保育士の資格もとり、「最底辺保育所」で働きながらライター活動を始められます。その時期に結婚され一人息子が誕生します。

もともとは子供嫌いだったのに、子供が生まれてからは、子供大好き人間になり、愛する息子をこの英国で大切に育てていく過程を綴った記録です。

子育てがテーマではありますが、単なる育児記録ではないです。

英国の教育問題、雑多に存在する民族(人種・国籍)、極端な貧富の差、オックスフォードやケンブリッジ大学を目指す進学校と地域の公立底辺校。それぞれにある差別蔑視に遭遇しながらの親子で学んでいく記録。

小説のような物語ではないです。深い洞察。黒白の結論はつけず、母と息子がともに体験し学んでいく記録。共に悩み共に喜び共に乗り越えていく様子が、読者も共に体験していけるという記録で大変興味深く読みました。

金子みすずの詩にある<みんな違ってそれがいい>ということをつくづく感じさせられました。

この時代。ますますグローバルな世界になり、日本人というアイデンティティにどっぷり浸かっていては道を誤ってしまいます。

2019年ノンフィクション本屋大賞を受け、すごい反響をよんでいるとのこと。

海外留学を希望する若者はじめ、海外で仕事をする人たち、どの世代の人にも読んでほしい本でした。

以前この本棚で紹介した「君たちはどういきるのか」吉野源三郎著を思い起こされた。

 

カテゴリー: 未分類 | コメントする

銀二貫

「銀二貫」高田 郁 著

入院中に友人が差し入れてくれた本です。時代小説はあまり好みではなかったし著者の高田郁さんのことは全く知らなかったけれど、時間があったので読み始めました。

なんのなんの面白い!あっという間に夢中になり一気に読み切ってしまった。

時は安永七年(1778年)睦月。大阪天満の寒天問屋の主和助が船着き場の床几でくつろいでいたところ、突然彼の面前で、一人の侍が出て「拙者は建部源右衛門が一子、建部玄武と申す。これは父の仇討ちである」と美濃国苗村藩士彦坂数馬が切殺された。そこには10歳の息子が唖然として残されていた。玄武が息子にも手をかけようとしたところ和助は、懐から銀二貫を取り出し、仇討ちをした若い侍から子供を買い取る話をつけ救い出した。銀二貫は前年大火事で消失した天満宮再建のためにようやく貯めた大金だった。番頭の善次郎は驚き呆れてしまったが、藩士の息子鶴之助を松吉という名前をつけ寒天問屋の丁稚として育てる物語です。松吉は厳しい躾と生活に負けず育っていきます。

寒天問屋は大阪天満にあり、京都の伏見にある寒天製造屋から仕入れてきます。江戸時代の寒天を作る厳しい工程やそれを京都から仕入れて販売する商いの様子、その寒天を使って作る料理屋との取引。

天満界隈のにぎやかな町人の様子と、天満宮を大切にする人々。

何度も引き起こる大火事と復興。

そんな中で商人として着々と育つ松吉。料理人嘉平の娘いとはん真帆との恋の悩みもあります。仇討ちした玄武も後半出てきます。銀二貫の意味もわかります。

この物語に惹きつけられたのはもちろんですが、それよりも私を惹きつけたのは浪速言葉の美しさです。

私は京都育ちなので関西弁には馴染みがあり好きです。ですが最近の関西の漫才やお笑い芸人で話される大阪弁は品がないなあと常々思っているのですが、この銀二貫の小説で使われる浪速言葉の美しいこと!

著者は兵庫県宝塚出身で、関西弁には詳しいはずで、恐らく古い浪速言葉について調べつくされて書かれたのに違い有りません。

すべての会話を紹介したいけれど無理だから、一つの短い話し言葉。

「ありがとう」のこと、「おおきにありがとさんだした」。最後の “だした” は “でした” ではないところ。

江戸時代の浪速に頻繁に起こる大火事に対処する庶民の姿と、いまの日本に起こっている災害とがリアルにかぶっているところ、と、浪速言葉の美しさが、私の心に深く響かせる物語にしてくれました。

大変おもしろく読みました。

江戸時代の人情物語り、関西弁を愛する人が読まれると、感動すること請け合います!

 

 

 

カテゴリー: 未分類 | コメントする

曙光を旅する

「曙光を旅する」 葉室麟 著

前回紹介した「蛍草」へコメントくださったS氏の紹介で「曙光を旅する」を購入しました。

曙光・・①夜明けのひかり  ②暗黒の中にわずかにあらわれはじめる明るいきざし(広辞苑)

と本の初めに説明されていて、まず「曙光」の意味を頭にインプットしてから読み始めました。

近代の日本に導いた源になる、幕末・明治維新からの歴史上の人物、彼らは最初から輝いていていた人ではなく彼ら自身が生まれ生活する中での時代の動きを鋭くつかみ、暗闇に曙光を放した人々のこと、その地、を訪ねた歴史紀行集です。

葉室がその足跡を訪ねたところは、坂本龍馬にゆかりのある京都以外は九州です。

私は夫の仕事の関係で、九州には13年住んでいました。その間持ち前の好奇心から九州の由緒あるところを訪ね歩いたので、なんと葉室麟が訪ねた場所を全部行ったことがあるのです。

キリシタンが関係する長崎や大友宗麟の大分などはカトリック信徒なので当時感慨深く見学しましたが、あとのところは本当に恥ずかしながら、その地に深く込められた歴史的事実には全く興味が沸かず、風光明媚な自然だけに目が行きそれを楽しんでいただけでした。

でも、この紀行エッセイは一つ一つ短いものですが、その地に宿る深い歴史を気づかせてくれ、その地の情景を思い起こしながら合点し深く感動しながら読みました。

国の発展を導く根源は曙光から始まり、その曙光を見逃してはいけないと、現在混乱する世界情勢のなか、世界少なくとも日本を動かす偉い人たちにはもっと本質を洞察してほしいと思いました。

それと蛇足ですが、葉室麟さんは福岡の西南学院大学出身で、先日銃弾で亡くなった尊敬する中村哲さんも西南学院中高卒、私の息子も3年間西南学院で学んだので凄く嬉しくなりました。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

蛍草

「蛍草  葉室 麟 著」

葉室麟という作家のことは全く知らなかった。歴史・時代小説のジャンルで数多くの賞も受けておられたようです。入院時に友人が差し入れてくれました。時代小説にはあまり興味をもっていなかったのですが、何のなんの面白く一気に読みました。

主人公は16歳の少女菜々。敵討ちが容認されていた江戸時代。藩士の家に生まれたが、父親は切腹を命じられ祖父母、母と死に別れ行き場を失ってしまう。しかし縁あって鏑木藩の上士・風早市之進の家で女中奉公と

して働き出す。将来を嘱望されている市之進と優しい妻の佐知、4歳の正助と3歳のとよに暖かく迎えられ穏やかな日々を過ごしていた。

しかしその幸せな日々は続かなかった。

優しい佐知は病に倒れ亡くなり、正義感の強い市之介は汚れた藩不正を正そうと水面下で働いていたが、悪徳藩士の悪巧みにかかり、お上からお咎めを受け江戸詰めとなり屋敷も取り去られてしまう。菜々は幼い正助ととよを野菜を行商しながら守る。ある時、市之進を追いやった悪藩士の中に、菜々の父を追いつめた敵(かたき)のお抱え藩士をみいだす。

菜々は敵を打つための厳しい武術修行に励み幼い子どもを守るための過酷な生活を、人情あふれる下町の人々に助けられ、明るく前向きな生活を続ける。

江戸時代の地方藩主の生活や人情あふれる下町の人々の様子が生き生きと綴られている。

過酷な生活を明るく乗り越えていく菜々が心につぶやいた「偶然ではなく天の配剤目には見えない大きな存在に守られ生かされている」の言葉を読んだとき、その言葉が私の胸に衝撃的に響いた。

葉室麟の他の小説も読みたくなった。

 

 

カテゴリー: 未分類 | 2件のコメント

死ぬ気まんまん

死ぬ気まんまん 佐野洋子 著

代表作「100万回生きた猫」の絵本作家、エッセイストとしても著名な佐野洋子さん。私の本棚でも何冊か紹介したお気に入りの作家です。

この「死ぬ気まんまん」は亡くなる10年ほど前に癌を患い、治癒したり再発したりされながらも作家生活をおくられ、亡くなる2年ほど前に、死に否応なしに向き合いながら書かれた3篇のエッセイです。

  • エッセイ・・死ぬ気満々
  • 対談・・佐野洋子と平井達夫(築地神経科クリニック医師)
  • エッセイ・・知らなかった-黄金の谷のホスピスで考えたこと

 

8月に思いがけず癌と向き合うことになった私にとって本当に身につまされる本だった。

3回は繰り返し読んだ。これまで読んだ佐野洋子の作品の根底にある彼女の死生観に目が開かれる思いがした。

*「死ぬ気まんまん」の1節

私は今が生涯で一番幸せだと思う。70歳は、死ぬにはちょうど良い年齢である。思い残すことは何もない。これだけはやらなければなどという仕事は嫌いだから当然ない。幼い子供いるわけでもない。

死ぬとき、苦しくないようにホスピスも予約してある。家の中がとっちらかっているが、好きにしてくれい。

・・・・・・私が書いた文章のよう!

*対談の一節

佐野:生きていることは何かと言うのがありますでしょう

平井:そうですね

佐野:ただ息をしていればいいのかというと、人生の質というのがあるじゃないですか。それを、何よりも命が大事と思うのはおかしいですよね。

平井:おかしいですよ。

佐野:そう思いますか?

平井:思います。医者はほとんどそう思っています。

・・・・・私もそう思います!

*知らなかった、ホスピスについて

頭の神経が狂ってしまっている私は、こくこくと目が良くなっていのだった。遠くの椎ノ木の葉っぱが一枚一枚くっきりと、細い金の色にふちどられているのが見えてしまう。それはとんでもない疲労を私にしいた。一番何に似ていたか。ゴッホの絵に似ていた。

・・・・・

私も病室の窓から流れ行く雲を飽きずにながめた。自然が好きな私でも、病気にでもならないとゆっくり天空を眺め死生観を思い巡らせることはなかった。

 

佐野さんの「死ぬまで人は生きているのだ」の言葉に「そうだそうだ。死ぬまで生きて見せる」と気合を入れさせられた本でした。

 

カテゴリー: 未分類 | コメントする

風の中のマリア

「風の中のマリア」 百田尚樹 著

孫の高校文化祭で1冊100円5冊で1冊おまけ。というのに飛びつき6冊手に入れたうちの1冊。

(前回紹介した「戦争童話集」もそのうちの1冊でした。)

「マリア」ということでキリストの聖母マリアかなと思って購入しました。

ええっ?1ページ目からの爽やかな美しい文章の流れにびっくり仰天。書き写してみます。

・・・・・・

第1章 疾風のマリア

マリアは木立の中を縫うように飛んだ。

太陽はまだ昇りきっておらず、深い林の中は薄暗かった。

林を抜けると、崖の上に出た。視界が急に開け、眼下に深く落ち込んだ谷が見える。

マリアは谷の上を軽やかに川下に向かって飛んだ。

東の空に朝日が昇ってくるのが見える。川面が太陽の光を受けてキラキラと光る。

陽射しを浴びて、体温が上がってくるのがわかる。背中の筋肉が温められるにつれて、翅の回転速度が上がり、飛行速度が増す。

、、、、、、

・・・・・・・・

マリアは聖母マリアではなく、オオスズメバチのメスの働き蜂だったのです。

オオスズメバチ帝国を支える、たった寿命30日の働きバチの戦士であるマリア。

子を生み続ける女王蜂「偉大なる母」を守るために、恋もせず、子も産まず、命を燃やして闘い続けるマリアと働き蜂仲間。

赤ちゃんたちの食料を求め飛び回る。バッタ、トンボ、カマキリなど。食料を奪い合う敵はアシナガバチ、キイロスズメバチ、モンスズメバチとの熾烈な闘い。一番恐れるのは人間。それ故人間の集落には近づかない。

私は蜂を見つけると刺されたら大変と殺虫剤をシュー。山荘にスズメバチの巣を見つけた時は業者を呼んで駆除したこともある。

なんと酷いことをしたのか。無知を恥じるばかりである。蜂達にはそれぞれ守るべき帝国があり懸命に生きている。人間を襲うことはしない。殺されそうになったときに毒を刺し自分は死ぬ。

巻末の解説で昆虫に詳しい養老孟司氏が「極めて学術的に描かれていながら、同時に冒険小説のように力強く感動的なドラマ」であると絶賛しておられる。

蜂を擬人化した小説というより、人間を擬蜂化(?)したような気分になり蜂の世界にどっぷり浸からせてもらった素晴らしい小説でした。

養老氏が言っているように虫にも「意識みたいな活動」があるという研究もされているらしい。

う~ん。山川草木悉有仏性。考えさせられた小説でした。

 

 

 

カテゴリー: 小説 | コメントする