未分類」カテゴリーアーカイブ

深夜特急3

深夜特急3 インド・ネパール編 沢木耕太郎著 新潮文庫 40年も前、沢木(現在71歳)が大学卒業し銀行に入社するもその日のうちに退社し放浪の旅に出たときの紀行文です。 旅の始まりの香港・マカオ(深夜特急1)から最終目的地 … 続きを読む

カテゴリー: ノンフィクション, 未分類 | コメントする

旅のつばくろ

「旅のつばくろ」電子オリジナル版  沢木耕太郎著 沢木耕太郎は、著名なノンフィクション作家であり、エッセイストであり、バックパッカー旅の深夜特急シリーズ紀行文には魅了されていた。 でも、中でも一番印象に残っているのは「凍 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

かこさとし

「かこさとし」別冊太陽 日本のこころ248 子どもと遊び、子どもに学ぶ 加古里子(1926~2018)絵本作家 工学博士 その他 の 生涯の記録です。  かこさとしは陸軍士官学校を目指す、疑いもなくはっきりした軍国少年で … 続きを読む

カテゴリー: 伝記, 未分類 | コメントする

猫だましい

「猫だましい」ハルノ宵子 著 著者ハルノ宵子さん(漫画家、作家、エッセイスト)のことは、この本を知るまで、作家吉本隆明さんの長女で妹が吉本ばななさんであることは知らなかったです。  推薦文によると「自身の一筋縄ではいかな … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

ベツレヘムの星

「ベツレヘムの星」 アガサ・クリスティー著 中村能三 訳 アガサ・クリスティー(1890 ~ 1976)は少なくとも中年以降の人は一度は読んだであろうイギリスのミステリー小説家です。人間の深層にせまる優れた洗練されたスト … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

くさぐさの花

くさぐさの花  高橋 治 著 リハビリのためのウオーキングを日々続けています。街中植物観察家として路傍の草花を観察しベンチでの休憩時に俳句をひねり楽しみながらのリハビリです。 今の時期、空き地や路傍にピンクの5片の大花を … 続きを読む

カテゴリー: 未分類, 随筆 | コメントする

アロハで猟師、はじめました。

「アロハで猟師、はじめました。」 近藤康太郎(1963年生まれ) 著 このコロナ禍の後の世界はどう変わるのだろう。自然災害も頻発し、誰しもが不安な気持ちになっていると思います。 世界経済の危機とか言われていても解決策は示 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

生きるとは物語を作ること

「生きるとは、自分の物語をつくること」 小川洋子&河合隼雄 対談集 臨床心理学者の河合隼雄と小説家の小川洋子の対談集です。 この対談では河合さんが小川洋子さんの「博士の愛した数式」に感動されたと言う話から始まります。河合 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

死という最期の未来

「死という最後の未来」 石原慎太郎 曽野綾子 対談集 幻冬舎 神を信じない石原慎太郎(87歳)と神を信じるカトリック教徒の曽野綾子(88歳)の死生観を、ディベートゲームのように楽しく語り合う対談集で、大変面白かった。 ・ … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

まちの植物のせかい

「まちの植物の世界」鈴木 純 著 雷鳥社 病後のリハビリのため毎日ウオーキングをしています。 一日3000歩以上を目標に歩いていますが、植物オタクぐらいに樹木、草花が好きな私は、路傍の植物観察を楽しみながらの散歩です。 … 続きを読む

カテゴリー: その他, 未分類 | コメントする