月別アーカイブ: 2018年3月

何者

「何者」 浅井リョウ 著 この春から大学生になる孫娘が「読書の楽しみに目覚めた!」と嬉しいことを言ってくれました。 それで見せてくれた直木賞受賞作品の「何者」です。映画化もされたらしい。 就活に励む大学生6人の仲間の話で … 続きを読む

カテゴリー: 小説 | コメントする

ホテル・アイリス

「ホテル・アイリス」小川洋子著 ホテル・アイリスを読むのを楽しみにしていると公表してしまったから感想文を書かねばなりません。 私には受け入れられない小説でした。 エログロ暴力小説はダメで受け入れられないのですが、ホテル・ … 続きを読む

カテゴリー: 小説 | コメントする

薬指の標本

【薬指の標本】 小川洋子 著 やはり予想していたように、チョット気味の悪い怖い小説でした。 主人公の私はサイダー工場に勤めていたのですが、機械に手が挟まり薬指の先を失ってしまいます。それでその会社を止め、事務員を求むとい … 続きを読む

カテゴリー: 小説 | コメントする